スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八城幾子とは

“彼女”(通称ヤス)生存説に基づく八城幾子とは、“彼女”の中のキャラクターのひとりにすぎません。
紗音嘉音ベアトリーチェと同列の存在。
しかし幾子というキャラクターが生まれたのは86年より後。
戦人が記憶をなくしてから。八城幾子は八城十八の為に生まれたキャラなのです。

相変わらず、……自分が18歳だったという記憶しか、蘇らない。
                                     EP8十八


「18歳だった」記憶は18歳以上の人ならば19歳の人でも30歳の人でも過去の記憶としてありますよね。
と言うのはちょっと屁理屈っぽいですが、十八自身、自分の身体が本当に18歳なのか疑っているようですし、十八が18歳以上である可能性はあるのではないでしょうか。

幾子と十八の出会いのシーン
魔法エンドまで読み終わるとこのシーンは、1986年10月6日の入水後、一人生き延びた戦人が海から上がり、ふらふらしているうちに交通事故に遭って倒れている所に車に乗った幾子がやって来る。という流れに読み取れますが、十八が18歳以上ならば、このシーンが1986年ではなく、86年より数年後の可能性があります。

つまり、86年の爆発事故から、十八誕生まで、空白の数年があった。
その空白の数年の間、戦人は何を考えて何処にいたのか。

彼は、大雨の日に道に倒れ、衰弱し、記憶をなくしていました。
そうなるほどの何かがあったのでしょう。

1986年10月6日六軒島を脱出した“彼女”と戦人は、二人とも生きて上陸したと仮定します。
それならば何故、爆発事故の当事者として生存していることが世間にバレなかったのか。
“彼女”には事件前から莫大なお金があります。86年10月4日より前から福音の家を出て、ひとりの家を持っていたとしても不思議ではありません。家を持っていたというよりは家を与えられていたといった方が相応しいでしょうか。一切の用意は、出所不明のインゴットを現金化出来る人物(源次辺り)がやってくれたでしょう。家の名義は安田、右代宮以外ならば案外世間に知られることもない。生活する上で必要最低限接する人間にはお金を多めに渡せばいい。
その家が八城邸なのか?立派すぎではないのか?
八城邸の背景絵で使用されている家は鎌倉文学館という大きくて立派な建造物ですが、本文中で十八は幾子の住む家を「小さいが立派な家」と評しています。背景絵ほど大きくないのかもしれません。
十八の価値観は記憶喪失とはいえ戦人の価値観から来るものでしょうからお金持ちの息子の「小さい家」がどのくらいかは分かりませんけど。
(余談ですが、鎌倉文学館は旧前田侯爵家の別邸らしいです。旧前田公爵邸は右代宮本家の背景に使われています。)
熊沢あたりに「右代宮家の血筋なのだからこのくらい立派な家に住んでても良いではありませんか」って言われたかもしれませんね。
八城邸かどうかはさておき、使用人として六軒島に通いつつ、推理小説を読んだり、創作活動をしていたであろうその家に“彼女”は戦人をつれて戻った。

自ら生存していると名乗りでなかったのは、真相を明かしたくなかったから。
縁寿のことは、生存した絵羽が引き取ったと知ったから。未成年の自分達の元に呼びよせるより育児経験のある伯母の元で育った方が幸せだと判断したから。
(この判断が誤りだったと後悔するのはずっと後の話)
また、“彼女”の精神状態はかなり不安定だった。
戦人は“彼女”に生きて欲しいと願い、甲斐甲斐しく介抱したでしょう。
その一方、逆に戦人は徐々に精神を病んでいったかもしれません。
戦人は恐らく、事件の全貌を知っているわけではなかった。しかし、いとこに電話を掛けてきたのが留弗夫であることなどから、自分の親が殺人を犯したと推理しているだろう。だけど動機が理解できない、受け入れられない。
最悪な想定は、確定されたなら徐々に受け入れ、時が癒してくれるでしょう。しかし決定事項が無い場合は、いつまでも受け入れられず、前に進むことが困難となります。
疑心暗鬼に囚われた戦人はやがて全ては自分の所為だと思うようになる。そんな折にワイドショーで「右代宮戦人が明日夢の子では無い」ということが報じられてるのを見てしまったら、彼は自我崩壊を起こしてしまったかもしれない。
雨の降る夜、衝動のままに家を飛び出した。
そこで事故に遭う。見知らぬ車にぶつかったか、単独で転んで頭を打ったかもしれないし、或は…飛び降りたかもしれない。

“彼女”はいなくなった戦人を捜す。
精神が不安定のままで何処に行ったのだろうか。不安になった“彼女”は使用人か医者に頼み、車に乗って捜しに行く。
そして公道で倒れている彼を発見する。
本文では倒れていた彼が車から近づいてくる人を「運転手らしき人」と思っただけで、運転席から出てきたとは書かれていません。実は左ハンドルの車で助手席から出てきた可能性もあるかも。

倒れている彼に近づく人物の言葉は、倒れている他人にかける言葉とは思えないような、どこか芝居じみた物言い。
刺激しないように、わざと明るく振る舞っているかのようにも見えます。

医者は「大きな病院に見せた方がいい」とは言うが、「警察に知らせよう」とは言わない。
医者も彼を以前から知っている可能性が疑えます。

どうやら彼は記憶を失っているらしい。
右代宮戦人であることを忘れ“彼女”のことも忘れてしまった。
忘れられたことは悲しいけれど、忘れることで生きてくれるなら、新しい人生を歩んで欲しい。
そして、戦人がいないのなら“彼女”は六軒島の誰かである必要がない。
世界を変更。
“彼女”は六軒島に関係無い、全く新しいキャラを生み出します。
それが八城幾子なのです。

名前のない彼女について

物語を最初に書いた作者、ベアトリーチェ、通称ヤスと呼ばれる“彼女”について私の解釈を


“彼女”はヤス、紗音、魔女ベアトリーチェ、嘉音というオリジナルキャラクターを生み出しました。
実在の人物(または怪談)をモデルにしているところもあるので、完全オリジナルと言っていいか分からないけど、一般的にキャラにモデルがいることはよくあることなので、オリキャラと呼んでおきます。

“彼女”は不運と思われる境遇故に、自分を客観視して、オリキャラを作り空想の中で遊んだ。
しかしそれは不運を嘆くばかりで終わらせず、ポジティブな思考に至るために重要な思考なのです。
これが、ワルギリアお師匠様が言っていた魔法の一端なのでしょう。


六軒島で使用人として働いている”彼女”は皆に「紗音」と呼ばれているのでしょう。
朱志香の友人として接する彼女は紗音、戦人とミステリーを読んで語り合ったのも紗音。
戦人に恋をしたのも紗音です。
嘉音とベアトリーチェは、誰とも共有していなかったので“彼女”の中にしか存在しませんでした。
しかし、“彼女”は、ひとりぼっちの真里亞の為に、自分の頭の中のオリキャラ、ベアトリーチェを演じたことが、EP7で明かされました。
この時初めてベアトリーチェは具現化したと言っていいでしょう。

そして同じように、嘉音というキャラも朱志香の為に、文化祭に彼氏のフリで行くために演じたのでしょう。
ちなみに、縁寿が幼い頃に行った六軒島を思い出すシーンに嘉音の姿が出てきます。(EP8)
文化祭以来、六軒島で実際に嘉音の振りをして働くこともあったかもしれません。“彼女”はイタズラ好きですし。

このことより、“彼女”は誰かの為になら大胆な行動が出来る、優しい人物なのだということが窺えます。真里亞も朱志香も大好きです。

だから、彼女が恋に悩んでいたとしても、朱志香と真里亞を巻き込んででも死にたいと思って、碑文殺人の準備していたとは思えないんです。

きっと、
“彼女”は、実在する人物でミステリーのシナリオを書きました。
そのミステリーの中に嘉音が出てくるので、実際に戦人の前に嘉音としても姿を表わしました。
(もしかしたら縁寿の記憶の嘉音は、この日の為の練習だったのかもしれませんね。あるいはモデルになった別人の嘉音の可能性は否定しませんが)
真里亞の手紙で碑文を解いてというメッセージと魔女ベアトの存在をアピール。
銃は金蔵のコレクションが置いてあっただけ、
1億円カードの手紙は、各家庭に送っていて「これでみんな会社の問題とか解決して幸せになればいいよ」というサプライズプレゼントだったのかもしれません。

戦人に、ミステリーに挑んでもらって、楽しかった昔を思い出して貰いたい。
…約束を憶えてるか確かめたい。

だけど、
「家庭的な子って案外苦手」と言われてしまう。
彼の語る、好みの容姿とも自分はかけ離れている。
「ああ約束なんて憶えているどころか、からかわれていただけなんだ」と思ったでしょう。

しかし戦人は約束を憶えてなかったとは言い切れません。
譲治と良い感じだと聞き、また留弗夫の再婚の件で恋愛をさけてあんなことを言っただけかもしれないと思うんですけど、それが伝わることなく“彼女”は傷ついた。

そして、譲治からプロポーズされます。
“彼女”は自分の血について打ち明けたでしょう。
「私は貴方と血縁関係で二人の子は望めないけれど、それでも愛してくれますか?」

譲治の答えは書かれていませんが、その後のベアトの格好をした“彼女”に生気がないことから、素敵な返事があったとは…悲しいことに、考えにくいですね。


戦人が謎を解いてやってくる前に、親たちが碑文を解いてやってきてしまった。
誰もが彼女を否定する。
彼女は自暴自棄になって、「殺人事件を起こすつもりだった」なんて言ってしまったのかもしれません。

結果、殺人事件は起こってしまった。
死んだふりで難を逃れたけど、地上に出てみたら既に譲治も朱志香も殺されてしまっていた。
真里亞も死んでしまった。
多くの人を死なせてしまった。“彼女”は自分の所為だと自分を責めたでしょう。
自分も死のうと考えたかもしれません。
だけど爆発で死ねませんでした。
戦人がいたからです。

爆発の翌日、魔法エンドのように彼らは島を出ます。
私は魔法エンドは6日の出来事を元に、物語のラストとして書かれたもので、死んだのは“彼女”ではなくて“物語のベアト”と解釈しています。

ひとり生き延びた戦人の目の前で、“彼女”が自殺するとは思いたくないのです。
これは私が残された人間側に感情移入してしまうからかもしれません。
「大切な人を残して自ら命を絶つ正当な理由なんてあってたまるか」という個人的な感情です。
しかし書かれた通り、自殺を図ったとするならば、
精神的ショックから、判断能力が低下して自殺してしまったのだ、と解釈します。

だけど、“彼女”が自殺をして「肉体が死に至った」とは書かれていません。
“彼女”の死は確定されていません。
“彼女”が生きている可能性はあるのです。

これより、“彼女”と“彼女”の『六軒島魔女伝説』は始まるのです。

次は、生き延びてしまった“彼女”と戦人は事件後どうしたかを書く予定です。
幾子さんまでの道のりは遠い…

なぜヤス=幾子派なのかについての前置きのようなもの

私は「ヤス=幾子説」で物語を解釈したいと思っているのですが、
それは『うみねこのなく頃に』というゲームの物語のメインである
【ベアトリーチェと戦人がゲームで対戦しているシーン】について、ヤスが86年10月に死亡しているならこれらをどう解釈すればいいのかが分からないからです。

ゲーム盤上は2日間だけの時間ですが、上位世界の戦人とベアトの対戦している喫茶室は、それ以上の時間が流れているように見えます。
また、上位世界のベアトと戦人は本気で推理合戦をしているように見えます。
まるで“恋愛”のように、コミュニケーションを積み重ね、お互いを信じ合いゲームをしています。
EP6で、バトラ卿は脳内の相手と会話するこのむなしさを感じ、以前のベアトとの会話を尊く感じているのは、以前は実際に自分ではない誰かと会話していた、本当のコミュニケーションだからこそ。
だからはじめから十八の脳内の会話とは思えないのです。

八城十八という作家は二人組でした。
この2人組、十八と幾子を戦人とベアトとすれば、2人のコミュニケーションは成立します。

そして、幾子は偶然出会った他人ではなく、ベアト本人であったほうが、本編のベアトの回想などがとても自然です。
逆に、6年間離れていた戦人が、メッセージボトルの中身となったものを読み、一日ヤスと会話しただけで、書けるのか?
10月4日以前の譲治と紗音、朱志香と嘉音の馴れ初め。ベアトと紗音の恋の会話。ワルギリアお師匠さまと幼少ベアトの魔法の根源の話。ロノウェの存在。など
それらはベアト本人が書いたする方が自然だと思うのですが。

あと、「幾子がベアトならば、彼女は戦人を囲って悠々自適の執筆生活を送ったことになるが?そんなことないだろ」
とよく言われるのですが、全くその通りだと思います。悠々自適に暮らしているとは思っていません。
幾子=ベアトならば、『うみねこのなく頃に』全編に渡るベアトの心情をそのまま幾子にスライドし、彼女が苦悩の日々を送っていたことは想像に難しくありません。
幾子の動機が、ベアトが戦人にゲームを挑んだ理由なのです。
その中身は追々。
その時にベアト=幾子とした時の矛盾点なども説明できると思います。
できるのか…?



役と役者とロノウェさんソングライブ

2013年1月24日、Alliance vol;05 Music liveに行ってきました。

目当ては中澤まさともさんです。
『六軒島夜会』のロノウェソング「Red Rose Bloomin'」をライブで初披露と聞きまして。

会場はあさがやドラム
ホントに此処?!と疑いたくなるような場所にありましたw
思っていた以上に狭くて、ステージも高さが20㎝くらいしかないので、
出演者さんとの距離がめちゃくちゃ近かったです。
舞台は特に飾りつけもなく、質素な感じでした。
恐らくはテーマを絞らず出演者そのものを見せる為なんじゃないでしょうか(照明演出は凝っていましたし)

まさともさんパフォーマー!振り付けうまい!
まず登場の仕方からして、他の方とはひと味違っていました。
前の出番の方の余韻がさめないうちにバッと登場!あっという間に自分のペースに持っていきましたからね。
私の前のお客さんがバトラ卿(ゼパフル曰く高身長な人)だったので、丁度真ん中が見えなくて(´;ω;`)
でも、まさともさんはよく動いてくれるのでよく見えました。目も合った気がするwキャ なんてね

ステージ衣装は…執事ではありませんでしたw
普通のおしゃれ私服のようでした。男性声優さんらしいファッションって感じの…
ごめんオシャレも詳しくないから、まさともさんのツイッターにあがってた写真見てください。

ちなみに演目は以下五曲と合間にフリートークを少々。
テイルズオブアビス主題歌「カルマ」
魔方陣グルグルの初期ED「晴れてハレルヤ」
ギャグマンガ日和のOP「アタック!ギャグマンガ日和」
仮面ライダーBlack RXの「仮面ライダーBlack RX 」
そしてラストが「Red Rose Bloomin'」でした。

「Red Rose Bloomin'」
ずっと生で聴きたかったんです!感激!
台詞部分は録音でした。が!素晴らしい振りが付いていました。
無残に散らばる被害者Bの肉片をつまんで拾ったり、銃を撃ち合うが銃撃戦のようだったりw
は!もしかしたらEP6のエンディングは実は一発じゃなくて、あの後銃撃戦始まってたかもしれない
ベアトとヱリカが激しく撃ち合う中あわあわしているだけのBさんw

サビ英語の部分やっぱかっこいいなー
他所でも言いましたけど「and I」の部分の歌い方が好きでたまらんのです。
振り付けも特に「I saw he drunken」の部分かっこよく決まってた!
ああうまく言い表わせないけど!
あんなに動いて声がぶれないのが素晴らしいです。
まさに完璧な執事さま!

うめぇ…と思わず感嘆の小声が漏れてしまった。
やっぱり歌唱力高いです。
それでいてトークになると…あれ?この人かわいい…?
この人本当にロノウェさんやってた人…?

ご自身のトークや、うみねこバー主催者さん方に聞いた話によりますと
まさともさんは、役作りに熱心な方なようです。
役者の中にはどんな役を演じても、役者自身らしさが出る人と
役に入ると自身が消えるタイプがあると思いますが
まさともさんは後者のタイプなんだろうな。

そういえば、ベアトリーチェもこのタイプだなと。
ベアトというかヤスというか彼女らの命令権者さん。
呼び名が無いところからして、そうじゃないですか。
そんな彼女に魔女でもなく使用人でも朗読者でもなく、彼女そのままで表舞台に出ろと言うような
今回の舞台は成程、そりゃ出演者さんたちの凄まじい緊張感も分かろうものです。

出演者さん皆素敵な声だったのでリーディングライブの方にも行ってみたくなりました。
つーかうみねこ舞台やってくれないかな…なんてw


さくたろうオフレポート

2013年1月20日、第2回さくたろうオフに参加してまいりました。
初参加でしたがとても楽しい会でした。思い出せるだけ箇条書きですが記したいと思います。

12時45分ライオン像集合。待ち合わせ場所から既にこだわりを感じます!

移動してカラオケ猫招き招き猫へ
皆さんさくたろうを連れているので、エレベーターの中はぎゅうぎゅう。
さくたろうを含めば確実に定員オーバーですネ

まずは各自のさくたろうを集めて大集合!
大集合
そして撮影大会。
さくたろうがこんなにいっぱい集まってる所見られて幸せー!

自己紹介を兼ねてさくたろうの魅力について各自語る。
皆さん各自思い入れがあるようで…さすがでございます。
私はEP4でさくたろうぬいぐるみが出た時、これが魔法と呼ぶなら魔女に屈服するしかないと思いました。とかなんとか。あと足とお腹のラインがたまりませんねと。

azさんデザインの今日と言う日の記念グッズさくたろうマグカップの配布
とっっても可愛かった!!!いいないいなー!
私は応募しそびれちゃったんですよねーああ惜しいことをした...涙

おかしを広げてお菓子ぱーちー!
お菓子ぱーちー
ポテトチップス、ポッキーと定番のお菓子からゼリービーンズや落花生などパジャマパーティに出てきたアイテムがテーブルいっぱいに広がりました。
インゴットチョコや黄金糖、ベルン鈴カステラ、金平糖にポップコーンと他の魔女様のアイテムもw…そしてちくわ!はんぺん!!
荒ぶるさくの神
さくのしん…!さくの神さま!!
はんぺんをみんなに分け与えるお姿はシュールかつ愛らしいw

色んなジュースを混ぜてみて「さくたろうジュース」を作成
コーラとオレンジと綾鷹を混ぜると七色に光り輝き…ませんでしたw
でも不思議と美味しかったw
チューブの柚胡椒をコップにお好みで入れてソーダで割ればゆず胡椒ソーダ!
ゆず胡椒ソーダ
ゆずソーダは旨いのにこしょうが鼻にきて…本当に「うー…微妙」な味でした笑
残りのゆず胡椒全部入れて、しかもグイグイ飲むお強いお方もいらっしゃいましたがw

さくたろうを膝に載せながら談笑
BGMはmottonさんのひぐうみ花ガンズカラオケ
さくたろうを曲にあわせて踊らせたり、さくたろう同士でうりうりさせたり
さくたろうパーカーを着てさくたろうをチャックに入れて抱っこ、フードに入れておんぶ
マフラーを腰辺りに巻きストロー持たせ、真実を斬って分けるウィルたろ(BGM:Golden Nocturne)
さくたろバズーカーパンチとかさくたろうアンソロを読むさくたろとかw
皆さんノリノリ♪
しかしさくたろうがカラオケ画面に登場するとテンションだだ上がり
歓喜の叫びが響きわたる!!
右から左に流れるさくたろう(さくのしん)かわいい!!
動いているさくたろうのかわいさに改めて感動した!アニメありがとう!!!(散と翼もアニメ化お願いします!!)

私はさくたろうぬいぐるみを持っていなくてお借りしたんですが…
つるふかぷにってしてて持ち心地よくてですね…ぬいぐるみ遊びがすごく楽しくて、私のさくたろう捌き(?)も好評頂いて嬉しくて…年甲斐もなく、いじくり倒しました(持ち主さんゴメンナサイ~)
癒されたというか、お肌がツヤツヤになった様な気がしましたw

ああ何故今までさくたろうぬいぐるみ購入しなかったんだろう…?
でも、家でひとり動かしても、こんなに楽しくはならないでしょうね。
姪っこに見せれば喜んではくれるだろうけど、
それはライオンちゃんであって決してさくたろうにはならない。
皆さんと「さくたろう」というキャラクター性を共有できるからこそ、さくたろうはさくたろうたり得るんですよねー…とマリアージュ・ソルシエールの魔法の一端が実感できたような気がします。

あのカラオケルームという密室に“確かに魔法はあったよ。”
それは魔法


長くなってしまったので、第二部大人のぱーちーは次の記事にて…



プロフィール

ことん

Author:ことん
おはようございます。
このブログには個人的な解釈・妄想が多分に含まれますが、別解を否定する目的はありません。元より、相違だけで否定出来るはずもありません。
ただ私も魔女になりたい。そのための修行の場なのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。