スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八城、縁寿の行動理由と作者の心意

前回の記事で八城と縁寿視点の現実世界をあのような流れだったと仮定しました。
その仮定が真実だとした場合の行動理由は以下のようになると考えられます。

*八城が偽書を書いた理由
・幾子は十八が十八として心穏やかに過ごせるようにするため
・十八はもう一人の自分の人物像がつかめない恐怖を払拭するために戦人をよく知るため
・また、“彼女”の謎に挑み解き理解し、だからベアトリーチェは安らかに眠りましたという物語を描くことで、十八の中の戦人に納得してもらうため

*八城が偽書を公開した理由
・世間で有力と囁かれる仮説(遺族関係者が犯人とする説)に一石投じるため
・メディアでターゲットを好き勝手に想像しては叩く行為は恥ずべき行為だと世間に知らしめるため
・魔法の一端を伝えるため
・それらは全て縁寿のためである。

*幾子と十八の代表ペンネームが八城十八の理由
幾子は、八城十八という名を多くの他者に認識させることで、十八自身に十八の人格を認めさせようとした。
十八がいてこそのプロ作家デビューだから

*縁寿が屋上に立った理由“とっても嫌なこと”とは?
・絵羽が真相を語らないこと、嫌味を言われたこと。
・絵羽が死亡したこと。絵羽の遺した日記があり、読んでしまったこと

*幾子が日記(非)公開を開催した理由
・生死不明の縁寿が生きていて止めに来ることを願って。
・八城の持つ絵羽の日記は用意した偽物で、初めから公開する気は無く、六軒島騒動を沈静化させるため。そうなることで十八が少しでも穏やかに過ごせると思ったため
・また、初めから公開するつもりがないので、作家八城十八が紛糾され、作家生命が危うくなることも見越している。
縁寿が止めに来た場合は、長年兄を帰さなかったことを謝り、彼女に兄を帰そうとしていたのではないだろうか。

*縁寿が日記公開の暴挙を止めに来なかった理由
・絵羽の日記は自分が持っているので、八城が持っているのは偽物だと知っていたから。
・須磨寺家とのトラブルを避けているため、報道陣がいる所に縁寿として名乗りを上げるわけにはいかなかったから
・一度面会を断られているため、今度も門前払いされるかもしれない。だったら危険を冒してまで行くまでもないと思ったから。

*八城が『~witch』シリーズを刊行した理由
・縁寿(または似た状況の読者)に生きてほしいという願いを込め、幸せになる魔法を伝え、人はどんな困難でも生きているうちにも必ず幸せを掴むことが出来るということを伝えたかったから。
・また世間に向けて、縁寿が死亡したならそれは、自分達及び過剰な報道が追い詰め殺したのだと。また生きている可能性もあるのだから、いい加減な憶測で物を言うのは如何なものか?という強いメッセージ。「あなたが真実だと思っていることは本当に真実ですか?」「疑うこと、また信じること」がテーマのひとつに織り込まれている。
・あるいは、戦人が謎に挑み解き一番最初の魔女を理解した事の証しを、十八と同じように何処かの島に流れ着いて生き延びているかもしれない“彼女”にそれを伝えるためという理由もほんの少しの奇跡にかけているのかもしれない。
・同一人物トリックを採用しているにもかかわらず、ひとりひとりの人格を認める描写が多いのは、十八の人格を肯定することでもあるが、そう描くことで読者にとって彼らが“い”たことになるから。読まれ続ける限り、黄金郷は永遠に続くのである。


 余談ですが、私達が読んでいる『うみねこのなく頃に』は『~witch』シリーズに縁寿の朗読(縁寿の解釈)が混じっていると私は考えています。
これを現実的解釈をするならば、福音の家訪問の後、縁寿、幾子、十八の合作ゲーム、『うみねこのなく頃に』が発売されたと考えることも出来ます。 合同ペンネームは竜騎士07かもしれませんね(笑)

*『うみねこのなく頃に』全体の真相は?
 誰かが誰かの為に描いた物語。それを誰かが読んで解釈して意図を探るゲーム。
この世に存在する真実とは全て、誰かの意思によって描かれたもの。
過去に何が起こったか、その場にいなかったニンゲンが絶対的に真実だと保証することは出来ません。
ならば、誰かを、何かを、選び信じるしかない。
選び信じるために大事なのは、その内容の如何ではなく、その誰かの心意を酌み取ることである。
例えばEP8で戦人は縁寿に「親族が仲良くすごした」と描いた。そんな絵空事が真実だと信じることよりも、それを書いた戦人の心意の方が、まだ信じられる。人は人の善意や好意を信じると言える生き物なのだ。
また一度信じたら二度と疑ってはいけないわけではない。
人は生きている限り、新たな情報を得る。情報を得ることで真実の見え方が変わってくることは譲治と朱志香もクイズ大会で語っている。
疑ったり信じたり、また疑ったり。そうして生きていけばいいのである。

ということが描かれていると私は信じています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:ことん
おはようございます。
このブログには個人的な解釈・妄想が多分に含まれますが、別解を否定する目的はありません。元より、相違だけで否定出来るはずもありません。
ただ私も魔女になりたい。そのための修行の場なのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。