スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出口の無い密室

”この物語を最愛の魔女ベアトリーチェに捧ぐ”

そこまで書き記し、筆は置かれた。
「どうだ?ベアト……できたぜ……」
バトラは大きく背伸びをしてから振り返った。
「お前は……なんて言う?……いっひっひ、ひっでぇロジックだってボロクソ言うんだろうな」
「…………」
バトラは執筆机の椅子から立ち上がり言った。
「記憶を自分のものに思えない脳の病気なんてそんなのミステリーじゃねぇって?あの幾子とか言う女は誰だって?ノックス第一条に違反するってか?」
眉をひそめて捨てるように笑う。
「いいよ、赤で言ってやる……幾子はお前だよ、ベアトリーチェ。」
「…………」
「戦人は十八に、ベアトリーチェは幾子になって生き延びていた。そして縁寿とも再会できた。二人に子供はいない。結婚もしていない。だけど作家として、たくさんの物語を生み出した。後生に語り継ぐモノを生み出すことができたんだ。……二人は、幸せだ。」
バトラは先程書き上げた原稿を―セカイを、慈しむようにそっと撫でた。
「…お前を、現世で幸せにするロジック、組めたんだぜ…時間は随分かかっちまったけど…」
撫でていた手はやがて震え出し、原稿用紙には爪を立てられ、セカイが歪んでゆく。
「幸せになれたんだ。だから……」

―死ぬ必要なんて無かったのに―

「……―っ」
もう沸き上がる感情を抑えることは出来なかった。原稿を乱暴に払い除ける。
バラバラと舞いながら床に落ちた原稿用紙は、先に落ちていた沢山の原稿用紙と区別がつかなくなった。
やがて静かになった書斎に、ぽたぽたと音が聞こえた。弾みでインク壺もひっくり返してしまったようだ。ぽたぽたと、透明のインクが床に落ちて染み込んでいく。
バトラは泣いていた。
バトラは泣いた、人目も憚らず。元よりここにはバトラしかいないのでその必要も無かった。
物語を捧げられたベアトリーチェはここにはいないからだ。黄金郷のみんなもいない。みんなを見送った現世の寿ゆかりもいない。八城十八も八城幾子も……
ここにはバトラ以外、誰一人いない。
バトラは倒れ込み、床に散らばった原稿用紙を握り拳で叩く。
何度も。あの日、水面を叩いたのと同じように力強く。
「なんで、ついてきてくれなかったんだ。どうして……置いていったんだ…………ばかやろう」


なんで?どうして?
バトラがどれだけ考えようとも、アナタをどれだけ理解しようとも、
答えなんかでない。

当然よ。だって“答え”が間違ってるんだもの。
アナタの決断は間違いなんだもの。

“あなたが死を選択した時点で、答えは永遠に得られないのよ”

アナタが彼に課したものは最大のミステリー、そして最悪の謎

これは拷問。

これが拷問。

……ねぇ、聞いてる?

…………ええ、わかっているわ。聞こえないでしょうとも

アナタは彼を永遠の密室に閉じ込めた。嬉しい?彼を束縛できて
だけどアナタはそれで満足することはおろか、認識することすらできない。だって死んでいるんだから。嬉しいと感じるアナタはもうどこにもいない。なのに、彼は密室に閉じ込められたままなのだ。
こんな理不尽なことがあっていいの?
―ああ、私も大概愚かね。聞こえないってわかっているのに、それでも聞かずにはいられないなんて。笑っちゃうわ
笑っていいのよ?笑いなさいよ。
笑って……誰か
スポンサーサイト

天縁でメリクリ


「どうして今日はこんなにも人が多いのかしら・・・?」

渋滞に巻き込まれた車の中で、縁寿はうんざりしながら人通りの多い街を眺めて言った。

「どうしてってそりゃ…今日はクリスマスですぜ?」

まさか気付いてなかったのかと天草が驚きの表情を浮かべながら、
視線だけを縁寿の方に向けた。
縁寿はよりうんざりしたような表情で天草を見ていた。

「・・・・・・よりによってそんな日に買い物につきあわせたわけ?あんたは」
「そんな日に、部屋に籠もりきりってんじゃあ何だと思いまして」

「気分転換に」と言っては家から連れ出し、車で待ってると言っても「視野を広げるために」とか何とか言って結局ショッピングもつきあわされた。
さすがに食品売り場だけは辞退したら「じゃあ先に荷物車に積めて待って下さい」とカートを押しつけられ、
縁寿は天草に言ってやる文句を考えながら後部座席に買い物荷物を押し込んだ。
そのほとんどの荷物が縁寿の服や靴だった。


「・・・・余計なお世話よ。―嫌いよ。人混みも、クリスマスも。」

天草はその理由は言わなくても分かるはずだが、知らずかわざとなのか軽い口調で言う。
「―あ、夜景とか見に行きます?」

「嫌よ。」
瞬殺だった。

「なんで、あんたと 寒い思いして見なきゃならないわけ?」

天草はそうですねとしか言えずにハンドルを握る。渋滞はもうすぐ抜けそうだ。

「・・・・家に帰って、窓から見ればいいじゃない。」



天草はもう一度そうですねと言った。

「あからさまに嬉しそうに言わないでよ…」











「そう言えば今日は珍しく助手席に座ってくれたんですね」

「・・・・っ に、荷物が沢山あって後ろに座れなかっただけよ!」



****************


クリスマス過ぎた上にあんまりクリスマスっぽくないっていう…
まだ恋人ではないイメージ。

ところで98年頃ってイルミネーションって言葉まだ流行ってなかったよね?

難しいな小説って!











私の心臓

思い出して欲しい

          ―忘れて


ずっと遊んでいよう?

        ―終わらせて



矛盾した想いがあらぬ方向へ動き騒ぎだして、私の心臓は張り裂けるのです。






jealousy

「解雇の理由、聞いていいすか?」

部屋の主は答えない。

「あーやっぱいいや。
だから一つだけ教えて下さい。」

部屋の主は応えない。


「*****は“い”ましたか?」


部屋の主はひとつだけこたえた。


「…あなた、縁寿と仲が良かったわね…」


ただそこに紙とペンがあるだけで

↓は二次創作SSです。とっても短いです。





………馬鹿戦人……、……馬鹿戦人…………。




………………………………………………………
………………………………………………………
…………………………ほんとうに、馬鹿な戦人



妾の勝利だ。右代宮戦人

くっくっく
今度はバラしてやらぬぞ。永遠に騙されているが良い。

ベアトは戦人を上着が引き裂けそうな程強く抱きしめ、
それから愛おしそうに眉をひそめました。

二人が奈落へ沈み消えゆく瞬間、
水面に漂う藻屑があるだろう方向をみて魔女が笑いました。



妾の勝ちだ。だから戦人も妾のものだ。
…もう、貫けぬであろう?

いかがであるか?…人間至上主義の皆様方…?

                                    (了)





10月6日のシーンはEP8で一番好きなシーンなのに、私は何てことをしてるんだ…。
でも、どうしても違和感がぬぐえないのです。
トトロでお母さんが「今、子供達がそこで笑った気がしたの」と言った時のもやもや感の如く。
もしかしたら、好きなシーンだからこそ、ガシャーンひゃっははははー!!と打ち砕かれるんじゃないかと、怯えているのかもしれません。

戦人は入水前に上着を脱いでいるんですが、この「魔女を追ってきた戦人」は浮かんだ戦人とは別物だろうと思い、上着を着せました。幻想です。
でも幻想=彼女の一人妄想ではもはや無いのです。
彼は、我々のよく知るメタ戦人。私達の代表で味方だと信じていた彼です。
だからこれは我々の敗北の証、魔女の勝利宣言なのです。

ちなみに藻屑とは沈まない、決して二人に追いつけない私のこと。置いてきぼりをくらう。
なんだかエンドオブエヴァンゲリオンを観た時のような気持ち。
あれ?私ちょっと予想あたってません?(こじつけも良いとこダ)




プロフィール

ことん

Author:ことん
おはようございます。
このブログには個人的な解釈・妄想が多分に含まれますが、別解を否定する目的はありません。元より、相違だけで否定出来るはずもありません。
ただ私も魔女になりたい。そのための修行の場なのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンタ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。